システム利用規約

 インターネット診療予約システム
『医者どこ予約』システム利用規約

第1章 総 則

第1条(適用の範囲)
本規約は、株式会社 星光(以下、甲という)が提供する、インターネット診療予約システム「医者どこ予約」(以下、本システムという)を利用する医療施設(以下、乙という)との一切の関係に対して適用致します。
また、乙は本システムの利用契約を行なう前に本規約の内容を確認し、承諾していることを前提とします。

第2条(適用の期間)
本規約は、本システムの開始時から、システム利用の解除申入れののち、本システムの利用を終了する時点までを適用期間とします。

第3条(規約の変更)
甲は、乙に事前の承諾を得ることなく、本規約を随時変更することがあります。尚、規約の変更は「医者どこ予約(http://www.isyadoko-yoyaku.com/)」のサイト画面、又は書面、その他の手段により、乙に知らせるものとします。

第4条(システム内容)
本システムは、甲が乙に対し、24時間体制でユーザー(以下、利用者という)が診療予約を申し込むことができるシステムを提供するものであり、利用者の管理・利用動向調査などの統計を割り出すこともできるものとします。

第2章 利用契約

第5条(利用期間)
本システムの利用期間は初年度のみ1年間とし、2年目からは1ヶ月単位での自動継続となります。
但し、インフルエンザ予約に関しては9月1日から翌年3月31日までの「1シーズン」を契約期間とし、自動継続は行なわないものとする。

第6条(起算日)
契約開始の起算日は毎月1日を本契約開始日とします。(インフルエンザ予約はこの限りではありません。)

第3章 利用申込等

第7条(利用申込)
本システムの利用を希望する場合、乙は甲にその旨を伝え、甲が別に定める「システム利用申込書」に乙は必要事項を記入し、甲に提出するものとします。
※本システム申込時に必要とした確認書類等の返還は行なわないものとします。

第8条(申込内容の保証)
本システム申込希望者は、申込内容について、完全性、正確性、有用性、事実性等を保証するものとします。
本システム申込希望者は、申込内容に第3者の情報が含まれている場合には、当該システムを利用することに関して当該第3者の承諾を得ていること、並びに当該第3者及びその他の権利を侵害していないことを保証するものとします。
第9条(利用契約の成立)
利用契約の成立は、第7条で乙が甲に提出した「システム利用申込書」を甲が承諾した時に成立とします。

第10条(ID等の付与、管理)
甲は、乙の申込を承諾したのち、甲は乙に対しID・パスワードを付与します。
乙は、ID・パスワードの使用・管理について一切の責任を持つものとし、甲に損害を与えることのないものとします。ID・パスワードが不正に利用されたことにより乙が損害を被った場合であっても、甲は責任を負わないものとします。また、乙は、ID・パスワードを第3者に譲渡、又は担保に供することはできないものとします。

第11条(利用契約申込の拒絶)
甲は、利用契約の申込者が次の定めに該当する場合、申込を拒絶できるものとします。

  1. 利用契約の申込内容に偽名・虚偽の内容を記入し、それが悪質であった場合。
  2. 第13条のいずれかの事項に該当する場合。またはその恐れのある場合。
  3. 当該申込に係わる利用契約上の義務を怠るおそれがあると甲が判断した場合。
  4. その他、甲が利用契約の締結を適当でないと判断した場合。

第4章 契約事項の変更

第12条(契約事項の変更)
乙は、契約事項の氏名、名称、住所あるいは料金引き落とし口座の利用に関する事等、その内容について変更が生じた場合、速やかに甲が定める手続きにより、その旨を甲に通知するものとします。

第5章 システム利用の停止及び契約の解除

第13条(本システム利用の停止及び契約の解除)
甲は、第7条に定める申込を承諾したのち、乙について、以下の各号の何れかに該当するか否かの確認を行なうことができるものとし、当該確認の結果、乙が各号の何れかに該当することが判明した場合には、本システムの利用を停止することができるものとします。尚、この場合においてシステム利用契約が成立している時は、甲は当該契約を解除することができるものとします。

  1. 乙が指定した料金引き落とし口座から引き落とし、又は振込みができなかった場合。
  2. 乙が過去に本規約違反等により本システム利用の停止処分又は本契約の解除を受けたことがある場合。
  3. 過去に本システムの利用料金の支払いを怠ったことがあった場合。
  4. 申込内容に誤記、または虚偽の記載があり、それが悪質であった場合。
  5. 甲を含む第3者を、誹謗中傷する情報をながした場合。
  6. 乙が未成年、準禁治産者、禁治産者の何れかであり、且つ申込の際に法定代理人又は補佐人の同意を得ていなかった場合。
  7. その他、甲が本システムを利用するのに不適当と判断した場合。

第6章 本システムの中断

第14条(システムの変更・中止)
甲は特段の事情により必要と認めた場合に限り、乙に事前に通知することなく、本システムの一部又は全部を変更することがあります。ただし、本システム内容の全面的な変更の場合は、「医者どこ予約」のサイト画面上、書面、その他の手段により、乙に知らせるものとします。また、甲は第15条の定め以外の場合で、特段の事情により止むを得ず本システムを中止する場合があります。この時、1ヶ月前までに乙に通知することより、乙に対するすべての責任を免れるものとし、システム中止期間中のシステム使用料については、乙にシステム基本料金内でシステム中止期間に比例して返還するものとします。

第15条(本システムの中断)
甲は、次の各号の何れかに該当する場合には、システム利用者に事前に通知することなく、一時的に本システムの使用を一部又は全部を中断する場合があります。

  1. 本システムの保守点検を定期的又は緊急に行う場合。
  2. 火災、停電などにより本システムの提供ができなくなった場合。
  3. 天災地変などにより本システムの提供ができなくなった場合。
  4. その他、運用上の必要性から甲が中断を判断した場合。

第7章 本システムの内容保証

第16条(本システム内容の保証)
甲は、本システムの品質及び機能に関して、技術上または商業上、その完全性、正確性及び有用性等につき、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証を行なわないものとします。

第8章 免責事項

第17条(免責事項)
前条を含め、甲は乙に対し、システムエラーに起因する本システムの運営不能等が発生し、当該事態に関連するクレーム又は損害について、一切の責任を負わないものとします。乙は、第3者から運営者に対して、提起される前条に記載のクレーム又は損害から甲を免責するものとします。

第9章 契約の解除

第18条(契約の解除)
乙は甲に対して、本システムの解除申入れののち、甲がそれに承認し、契約の解除ができるものとし、基本的に本システムの利用期間は、最低期間12ヶ月の1ヶ月単位の自動更新制とします。
※本サービスの解除申入れ締め切りは前月末日までとし月途中での解除はできません。
例)10月3日に解除申し入れがあった場合、最短11月30日で中止となります。契約解除に関する通知または手続きは書面、又は医者どこ予約のサイト上から行うものとします。
※但し、インフルエンザ予約に関してシーズン中の途中解約は不可とします。

第10章 料金等

第19条(システム利用料等)
本システムの利用料は、「システム利用申込書」に定める通りとします。
また、第14条に定める場合を除いて、一切返還は行わないものとします。

第20条(支払方法)
本システム利用料は、甲が請求書にて指定する金融機関口座に振り込むものとする。また、甲は、本システム利用料の支払いが確認できなかった場合には乙に対し事前に通知することなく本システムの停止・契約の解除を行なうことができるものとします。

第11章 損害賠償

第21条(損害賠償責任)
乙は本規約に違反すること、不正もしくは違法な行為を行なうこと、又は本システムを利用することに関して、甲に損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。
乙は、本規約に違反することにより、又は本システムを利用することに関して、第3者との間でトラブルが発生した場合には、乙自身で解決するものとし、甲に損害を与えることのないものとします。甲は本システムの変更、中止、中断及び乙が本システムを利用することにおいて、乙が損害を被った場合においても、いかなる責任を負わないものとし、一切の損害賠償をする義務を負わないものとします。

第12章 その他

第22条(規約の有効期間)
本規約は、付則に定める改定日から発効するものとします。

第23条(接続設備の提供、通信費の負担なし)
甲は乙に対して、本サービスを利用するために必要なコンピュータ、通信機器、その他の機器を提供することは致しません。甲は、乙が本システム画面を利用して行う場合であっても、それに係る通信費などを負担することも致しません。

第24条(所轄裁判所)
甲と乙との間で、訴訟の必要が生じた場合には、大阪地方裁判所を第1審の専属的管轄裁判所とします。

第25条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

第26条(協議事項)
本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が生じた事項について、乙及び甲は誠意をもって協議し解決するものとします。

利用料の支払いについて
【利用料の計算】
(1)システム基本利用料の計算を毎月1日から当月末日までとします。
※システムの利用開始日は甲が乙へ送付する利用申込書に記載された利用開始日とします。
※但しインフルエンザ予約に関しては9月から翌年3月末までを契約期間とします。

【支払方法】
甲が契約開始月上旬に請求書を乙に対して送付し、乙は契約開始月の翌月末日までに、甲が請求書にて指定する金融機関口座に振り込むものとする。

【口座振替実施日】
口座振替実施日はシステム利用の場合は翌月27日とし、口座振替において、
当該振替実施日が当該金融機関の休業日の場合は、当該休業日の翌営業日に振替となります。

実施日 2015年7月10日
改定日 2015年7月10日