ハイブリッド予約

順番予約と時間予約をシームレスに利用できるのがハイブリッド予約です

  • 順番予約は来院しなくても順番受付ができる。
  • 時間予約は日時指定で時間予約ができる。

それぞれに便利ですが・・・

  • 順番予約は来院時間が決まっていません。
  • 時間予約は診察が遅れて予約の時間を大きく過ぎる事などもあります。

併用すると受付スタッフの負担や順番予約で待っている患者様の不公平感などの問題があります。

ハイブリッド予約は、2つのシステムを併用するのではなく一体化させる事でこの問題を解消し、2つのシステムをシームレスに利用することが出来ます。

時間予約順番予約に入るタイミングを独自技術で自動的に調整することにより、時間予約にも順番予約と同様に「受付番号」を発行します。

これにより患者様の不公平感を解消し、受付スタッフは「順番」と「時間」を同じ流れの中で管理する事ができます。

ハイブリッドの管理画面
水色の背景行が「順番予約」の画面に入ってきた「時間予約」です

一般的な「順番予約」と「時間予約」の併用と「ハイブリッド予約」の比較

一般的には … 「順番予約」と「時間予約」を並列で管理しないといけないので受付での手間もかかってしまう 時間予約の方には番号が発行されてないので、次で待ってる4番の方が割込みされたように感じてしまいます。
時間予約と順番予約を併用することで起こるスタッフの負担や患者様からの不公平感などの問題点
ハイブリッドでは … 同じ流れの中で管理できるので受付での手間も軽減されます!!時間予約の方にも番号が発行されるので、次の方は不公平に感じません。
順番予約の流れの中に時間予約がスライドするハイブリッド予約

事前に「9:30」「10:00」に時間予約が入っていたとします。

時間予約 拡大画面 時間予約の拡大画面

「9:00」に診察を開始し、窓口に5名の患者様が直接来院された場合、以下の表示となります。
ハイブリッド予約では "診察開始時間" と "(1枠あたり)の平均診察時間" がポイントとなります。

順番予約 拡大画面 ハイブリッド予約 拡大画面
※上記の動作は一例です。

ハイブリッド予約は、予約開始時間(9:00)から平均診察時間をカウントし、予約患者様に受付番号を割り振ります。

直接来院の患者様を2名受付けた段階で自動的に9:30に予約している「スズキタロウ様」に3番を割り振ります。同様に「サトウハナコ様」には6番を割り振ります。

【特許取得第5083737号】

「順番予約」と「時間予約」をシームレスに使えるハイブリッド予約オンライン個別説明会 随時受付中